自然素材の家と普通の家を比べてみた

自然素材を使った住宅ならアレルギーも安心

シックハウス症候群が問題視されてから久しいですが、そういった住む人のアレルギー対策として自然素材の家(無添加住宅)が 注文住宅業界では人気を集めています。
『自然素材の家』というのは、木(無垢材)をふんだんに使ったナチュラルテイストの家をイメージされる方が多いんですが、 一般的にはアレルギー症状の原因となる科学性物質を含んだ材料を使わずに建てた家のことをいいます。
壁や床材に化学物質由来の素材(ビニールクロスや合板フローリング)を使わずに漆喰や珪藻土、コルク材といった天然由来の素材を使用します。 結果として、天然無垢材をふんだんに利用するので、最初のようなイメージを持つ方が多いんですね。
また、壁や床、天井だけでなく、目に見えない部分(例えば断熱材など)も自然素材を利用するので、住む人の健康にやさしい住宅が出来上がります。
さて、このサイトではそんな『自然素材の家』について、一般的な普通の住宅を比較しながらメリットやデメリットについて解説していきます。 新築一戸建てをお考えの方には知っておきたい情報が満載ですよ。
今や、食品だけでなく住宅も無添加な時代なんですね!

自然素材の家を半田市の工務店で
愛知県半田市の豊和建設が手掛ける無添加住宅。
自然素材の家で家族が健康的に暮らせる住まいづくり。
愛知県半田市宮本町6-216-12
TEL.0569-23-1734
http://howa-const.co.jp/

CONTENTS

  • 自然素材の家

    自然素材の家

    まずは自然素材の家とはどんな住宅なのかを知ってもらうために、基礎知識を詳しく紹介していきます。 自然素材と呼ばれるものの代表的な例として、主に壁材として使われる漆喰、珪藻土、コルク材があります。 また床材は天然無垢フローリングが一般的です。これらの素材を使って建てた住宅は、完成するとナチュラルで優しい雰囲気の住宅になります。

  • 自然素材の家と環境

    自然素材の家と環境

    自然素材の家というと、人間にとって体にやさしい住環境を作るのが第一のイメージだと思いますが、地球にとってもやさしい住宅でもあります。 また、漆喰や天然の無垢材は国内産で賄われているので、日本の林業発展にもつながっており、日本経済にもやさしい住宅とも言えます。 自然素材の家で暮らすと、必然的にエコな生活に気を配るようになるかも。

  • 自然素材の家とコスト

    自然素材の家とコスト

    人にも地球にもやさしい住宅なら、誰だって自然素材の家を建てたい、自然住宅の家に住みたいと思いますよね。 ここで問題になってくるのがコスト(費用)です。注文住宅を依頼しようと考えて、自然素材の家の見積りを取ってみたら、普通の住宅に比べると高くて 驚いてしまった、諦めた、という経験談をよく耳にします。本当にコストが高いのでしょうか。

  • 自然素材の安全性能

    自然素材の安全性能

    自然素材の家が環境と人にやさしいことは分かったけど、地震大国・ニッポンで暮らす私たちにとって、住宅は安全性を重視したいところです。 先の大震災以降、防災意識はさらに高まっており、建材メーカーも強度をアップさせる新しい素材の開発に力を入れています。 そんな住宅業界の流れの中で、自然素材の家の安全性能は大丈夫なんでしょうか。

^